08月≪ 2005年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/30(Fri)

1年待てと?

とある人からこの雑誌のことを教えてもらい、なんだか妙に心惹かれてしまって、
今日思い切って、地元でも一番大きな書店に入ってみました。



その雑誌、発売されてからまだ数日しか経っていません。
新着コーナーを回りましたが、どうにも見つけられません。

  まぁマイナーっぽいジャンルだからなぁ( ̄∇ ̄;ゞ

ならば趣味コーナー。
すると、バイクや釣りなど、男性向けっぽい棚の一角に、それらしきブツを見つけました。

  おお!この異様に分厚くて、工作オーラいっぱいのパッケージ。
  これこそ我が探し求めていたブツに違いない。

ところが近付いてよーく見てみますと、私の求めていた雑誌のシリーズのものなんですが、
ふろくが全然違うんです。
周辺をすみずみまで見回しても、そのシリーズものはこれ1冊しか置かれていませんでした。

  な、なんで?もう次の発売日が来ちゃったの?∑( ̄□ ̄;)ガーン

慌ててその本をひっくり返して発売日を確認しました。



そしたら2004年9月23日発行と書いてありました。






………いくらここが田舎だからって………orz


……我が町の新着図書は1年遅れですか……それほど世間と隔絶されてるんですか。凹凹
スポンサーサイト
23:56  |  日常  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

ブログ引っ越し披露

今までお世話になったブログから、
こちらに本格的に転居することになりました。
皆様よろしくお願いいたします。


変化を好まない私ですから、できればブログも
前のところでずっと活動していたかったんですが……。
まぁこちらに移ったからには、どうかここのブログがこの先もずっと安定して、
なるべく不満を感じさせないところであり続けてほしいと願うばかりです。




さてさてこちらのブログでは、カスタマイズが自由自在というのがウリらしく、
マニュアルを読みましたら、ホントにいろいろなアレンジが可能なんだとわかりました。

で、本日公開に至るまで、ちょくちょく手を加えていこうと試みていたんですが………
結局ほとんどいじらずでした。( ̄∇ ̄;ゞ


これで自分の性格がまたひとつ明らかになりました。

どうも私って人間は、自由にしていいと言われると、
逆に何をしていいのかわからなくなるみたいです。(笑)

自由度が制限されてる方が、諦めもついて妙に落ち着くみたいです。

この性質が顕著に現れているのがお絵かきで、
機能満載であらゆる表現が思いのままのイラストソフトより、
機能が限定されているお絵かき掲示板の方が何故か創作意欲がみなぎるのです。



こんな矛盾だらけの私の日常を、気の向くまま記事にしていこうと思っています。
お暇な時にでも読んでくだされば嬉しいです。
今後ともよろしくお願いします!
23:08  |  日常  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

引っ越しました

いよいよ、というか、やっと
ブログを乗り換えることと相成りました。
新しい転居先は 【こちら】 です。


こちらのブログは、当分の間は過去ログとして閲覧可能状態にしておくつもりです。

ブログというものに初めて手をつけた思い出のブログですから。
貧相な文章能力のくせにかなり頑張って書いてきた思い出の記事ばかりですから。
簡単に消しちゃうことはしませんわ。(*?∇?*)


いつもこちらにご訪問くださりました皆様、ありがとうございました。
今後は新しいブログでの活動をよろしくお願いいたします。
23:01  |  旧ブログより  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

義父退院

入院していた義父は、点滴だけで快方へ向かったので、手術はせずに昨日退院した。

ご心配をおかけして申し訳ございません。

結局、以前の結腸癌云々は今回の病気とは直接関係なかったらしい。

最悪の状況を覚悟しておけと言われていたけれど、杞憂に終わってなによりだ。



しかし体調不良は伝染する。(?)

義父の入院中、家族内では新たな病人が出たのだ。

義父入院のショックで、義母は心身消耗が激しかった。

立てつづけに開催されたお絵かきチャットに通い詰め、私は寝不足で風邪をひいた。(ダメじゃん)



最悪のコンディションで年賀状を作成するのは正直つらかった。

だから余裕のあるうちにやってしまっていれば・・・・・とは毎年思うことだが、

今年ばかりは心底反省したね。(?∇?;ゞ



さて、義父も家に戻り、義母に笑顔が戻ってきた。

私も熱と咳はすぐに治まり、現在鼻水を残すのみ。

あとは・・・・・

チビに風邪がうつっていないこと。

本気で心配してます、私。
22:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

義父入院

昨日の朝、義父が腹痛と腹部膨満感を訴え病院へ行くと、即入院。

腸閉塞らしいが、その原因は数日後の検査の結果を待ってみないとわからない。

十数年前に結腸癌の既往があるので、今回の診断も覚悟が必要な状態だ。



で、一晩明けた今日。

気がつくと、チビの面倒をみる義父をアテにしている自分がいた。

例えば、義父はチビとの散歩を日課にしていた。

私はその間にいろいろな用事を済ませていた。

そんな日が続くうち、私は義父とチビの散歩を当然のように一日のスケジュールに入れるようになっていた。



今もダンナとチビだけの生活を望む気持ちに変わりはない。

しかし出産後の私の生活では、すでに義父と義母が重要な位置を占めている。

もし今、私の望みどおりの環境になれば、家事育児の負担にあっさり音を上げてしまうだろう。

なまやさしい生活習慣がいちど身に付いてしまうと、矯正するのに強靱な意志が必要になる。

自分に甘い私には無理かも。いや絶対に無理。



お義父さん、私にはまだまだ貴方が必要です。

回復を心から祈っています。
22:01  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

2000Hit!

本日、私のホームページのカウンターがついに2000番を超えました!

うちみたいな薄っぺらいところに通ってくださって・・・・・優しい方たちばかりで嬉しいです。

皆様のおかげでここまで続けてこれました。本当にありがとうございます!!

ささやかなお礼の気持ちを込めて、今回2000人目となったお客様には、

私のつたないイラストを差し上げようと思います。



ホントは1000番と1111番の記念イベント的なものもやってみたかったんだけど、

その時期は不在だったもので・・・・・残念。



さて、いちど始めてしまうと、やめると言いにくい記念イベント。

ただでさえお仕事(お絵かき)遅いのに、自ら首を絞めているような気もするが・・・・・(?∇?;ゞ

次回は2222番を予定しているけど、次も記念イラスト描くだろうか私。

その前に存続しているだろうかこのホームページ。

ていうか自分で踏んだら情けないんだろうね・・・・・。
21:57  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

定員オーバー

市役所の健康福祉課から書留が届いた。

早速封を開けたら、中の書類にはこう書いてあった。



        保育園の入園抽選について

 先に申し込みのありました保育園の定数に対し希望者が多く

 審査した結果、下記の通り抽選を実施します(以下略)




ガ―――?(?□?;)―――ン!!

やっぱ抽選になっちゃったよ。

これを読んだ瞬間、不安感が危機感に変わった。



抽選日は20日。

この危機感が絶望感に変わらないことを祈るばかりです。(?-?;ゞ
21:55  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

サンタクロース疑惑

私は少なくとも幼稚園の頃にはサンタクロースの存在を疑っていた。

万が一実在したとしても、世界中の数え切れないほどの子供たちの元へ

たった一人で、それも一晩でプレゼントを配って回るのは、物理的に不可能だと見抜いていた。

だからうちなんかにサンタクロースが訪れるはずないと。

また私がクリスマスプレゼントにと所望していたドラえもんのコミック本が

イブ前日に近所の書店の包装紙に包まれたまま台所に放置されていたのを目撃して以来、

私の中のサンタ不在説は確信的なものになった。

しかも幼稚園のクリスマス会の時にも、私は園児たちの前に現れたサンタを指さして

「あれ園長先生やんね?」と大きな声で言ったらしい。(母親談。本人記憶なし)

クラスメートの夢を引き裂く罪な女だな、私。(笑)



そして無邪気な夢など見ることもなくなった20数年後のある日。

独身だった私と親友の二人でフィンランドへ旅行した。

フィンランドにはサンタクロース村があり、ある意味本物のサンタクロースがいるのだ。

サンタクロースが一般人の前に姿を現すのは、1日のうち3~4回だっただろうか。

私たちは、サンタが現れる時間がくるまでにサンタメールの申込をした。

このサンタメールを申込むと、申込をした年のクリスマスに

指定の宛先へサンタクロースから手紙が郵送されてくるというものだ。

サンタメールの申込も済ませ、お土産を物色しているうちにサンタ登場の時間になったので、

私たちは他の観光客とともに列に並び、サンタと記念撮影をした。

サンタは・・・・・かなりの大男でした。

髭の奥に見えるサンタの肌は若者のようにピチピチしていて、

その髭もほんの少し浮いているように見えました。


喉の奥まで出かかって今にも言ってしまいそうなこの疑問をなんとか飲み込み、

私たちはホテルに帰っていった。



今になって私は思う。

サンタクロースは、その風貌から老人だと思い込んでいたが、

もしかしたら青年~壮年なのかもしれない。

白髪に見えていたあの髪・あの髭は、北欧人特有の銀髪なのかもしれない。

若い人間でなければ、大量のプレゼントを抱え配り歩くのは体力的にも無理というものだろう。

・・・・・『サンタ若者説』ここに始まる。(笑)



ちなみにサンタメール、忘れた頃に届けられました。(申込をしたのは2月だったので、10ヶ月後の郵送)

日本語での手紙を希望していたので、流暢な日本語の印刷文が同封してありました。

しかしその文面は、当然幼児向けで『~~なんじゃよ。』という語尾があちこちに。

受け取った大人の私には、この言い回しのせいでうさん臭さ倍増。(笑)

こんなことなら、読めなくてもフィンランド語の手紙をもらった方がよりリアルだったかも・・・・・

なんて思う今日この頃。(?∇?;ゞ
21:53  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

4ヶ月健診

4ヶ月健診のため、チビを市役所に連れて行った。

健診会場はチビと同月生まれの子供とその母親でいっぱいだ。

うちのチビはもう寝返りできるんですよ~!と心の中で得意気になったりしていたが、

すでにハイハイしてるツワモノがいて会場中を驚愕させていた。(?□?;)!!

完敗だよチビ。・・・・・ま、勝とうとも思わないけど。(?∇?;ゞ

しかし同月生まれの子供が一所に集まってると、どうしても見比べてしまう。

よその子と比べるのはよくないといわれるが、

髪の毛が極薄なのはチビだけじゃなかったんだ~、と妙に安心したりして、

比較が良い意味で参考になったり、刺激になったりするものだね。



悩みはたくさんあるけれど、実は一番の心配事が他にある。

それは、以前からチビの聴力が弱いんじゃないかと感じていたこと。

耳元で呼びかけても、横から音を鳴らしてもまったく反応ないからだ。

でも強くドアを閉めた時のような大きい音には驚いているみたいだから、

まったく聞こえないんじゃなくて、小さい音が聞きづらいんじゃないかと思われる。

3ヶ月目に市の保健士さんが家庭訪問に来てくれた時にもその事を相談していたのだが、

とりあえずは様子を見て健診で医者に相談してみては、ということだった。

だから、チビの診察が終わったらすぐに聞きましたとも。

すると医者曰く、

 「私がみた感じでは、この子は小さい音もちゃんと聞こえていると思います。

 音に反応しないのは、たぶん、少々の音くらいじゃ気にしていないからじゃないかな。

 違う言い方をすれば、大物ということかと。(笑)



!!(?∇?;)!!

なるほど大物。そうですか。小さいことは気にならない大物ね。(笑)



おかげさまで、今回の健診で悩み事がほとんどなくなった。有り難や~。

次回の健診は半年後の10ヶ月健診。

その頃にはまたどんな大物ぶりに成長しているのか、ママは今から楽しみだよ。(笑)
21:50  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

同居考

義母への愚痴を書いたら、数人の友人から反響があった。

あまり自分勝手なことばかり言っていたら私の好感度が下がるので、

ここらでちょっと義母を擁護しておこう。(自分のイメージアップかよッ!笑)



正直、祖父母にはかなりお世話になっている。

孫への愛情はとても深く、孫の面倒をとてもよくみてくれる。あやすだけではなく、身の回りの世話までしてくれる。

放っておいたらチビを取り上げられそうな勢いだ。

そしてチビの面倒だけではなく、私が忙しい時、家の雑用も義母はほとんどしてくれる。

おかげで私は編み物に励むことができるし、こうしてホームページ作りに興ずることだってできるのだ。

チビが病気になったとしても身の回りの雑用に困ることはないだろう。

感謝、感謝。本当に助かっている。心の底から有り難いと思っている。

ここまでやってもらっておいて愚痴を言うなんて、贅沢な悩みってものだ。十分承知している。

ちなみに出産前までは両親と別居したい気持ちが9割方占めていたのだが、

現在は半分くらいにまで減っている。(0にはなってないけど。笑)



私は家庭内でいじめられてるわけではない。むしろかなり大事に扱われている方だ。

だけど、家族とはいえ他人同士が同じ家で暮らしているこの状況。どうしても多少の不満は発生する。

夫婦でさえケンカするのだ。嫁姑間ともなるといさかいは避けられないことであり、普遍的な現象といってもいい。

だから私の愚痴は、ささいな日常のことであり、決して深刻なものではない。

要は私のわがままなのだ。



同居のせいで、私の不満のほとんどが義母に向かっているけれど、

もし同居していなかったら、理想的な毎日を過ごせただろうか?

否。

おそらく不満の矛先はダンナや子供に向かっていただろう。

ストレスのまったくない生活なんてありえないのだから。

義母へストレスをぶつけているおかげで、今の私は子供を愛する余裕ができている。

だから・・・・・同居に対する精神的苦痛は少なからずあるけれど、私は当分このままの生活を望んでいる。

今の環境がとても恵まれていることを私は知っているから。

ということで、ご意見いただいた友人たちへ。心配かけてたいへん申し訳ないです。



余談だけど・・・・・

祖父母の面倒見がよすぎるおかげで、チビがジジババっ子になるのはほぼ確実だろう。

今だってチビは祖父母をみると嬉しそうな顔をするが、私の前では滅多に笑ってくれないし。(かなり凹)

・・・・・実際のところ、母親でなければできない育児なんて、母乳以外にはない。

その母乳も、粉ミルクで代用できるんだし。

私なんて必要ないかもしれないのかも、と落ち込むこともあったり・・・・・。

私、母親の務めを果たせていないのかも。まったく自信ありません。(?-?;ゞ
21:48  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

保育所入所申込

私は来年の4月から職場復帰する(予定)。

その頃チビは8ヶ月。

乳飲み子を丸1日義母に押しつけるのはさすがに申し訳ないので、

0歳児から受け入れしてくれる保育所へチビを入所させなければならない。

しかし私の住んでいる地域では0歳児保育をしている施設がまだ少ないので、

競争率が高くなることは必至だろう。



もしも入所希望者がたくさんいて、運任せの抽選に外れたらどうするか。

育児休暇をあと1年延長するしかない。

そして来年もう一度入所申込をして、それでもダメなら、チビを義母に預けて私は仕事へ。



実は私の職場では、子供が3歳になるまで育児休暇を取ることができるんだけど・・・・・。

そして子供のためを思うと、3歳くらいまでは母親と一緒に過ごすのがよいのかもしれない。

にもかかわらず、仕事を優先させる私。

冷酷?

いやそれでも私は職場復帰を切に願う。

だって無理です。1日中義母と顔つきあわせる生活は、あと数ヶ月が我慢の限界です。



・・・・・結局愚痴になっちゃいました。すいません~。(?∇?;ゞ
21:46  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

猛反省

またひとり人を傷つけてしまった。

私が出たところで何の解決にもならないのに、無責任なことを言ってしまった。

軽く流したりできないほど深刻な問題なのに、その人のことを分かったつもりになっていた。

・・・・・分かるはずないのにね。

つい先日も同じ失敗をして、もう2度と軽はずみな行動はするまいと誓ったばかりなのに。

いい年してちっとも成長しない私はもうダメだ。



幼い頃から人とコミュニケーションをとるのが苦手で、自分から距離を縮めることができなかった私。

とても臆病な私は、自分の言動による影響をとても恐れていた。

自分の発言のせいで人から嫌われるのが一番恐ろしかった。

むしろそういう経験が実際過去にあったから、こんな性格になったのかもしれない。

そのくせ人一倍寂しがりやな私は、親しい人が思い悩んでいる隙につけ込んでさらなる信頼を得ようとする。

こんな下心はすべてお見通しだってこともわかっちゃいなかったのだ。



手紙やネット上では、表情や声の抑揚などを使って感情が伝えることができない。

そこに書かれている文字だけですべてを憶測しなければならないので、

より高度なコミュニケーション術が求められる場であるのかもしれない。

ああそのことを知りながら。

面と向かっていても意志の疎通を欠いてしまう私でありながら。

なぜ簡単にあんなことを言ってしまったんだろう。

相手が見えないという特殊な環境は、人をこんなにも思い上がらせてしまうものなのか。

おそるべきネット世界。
21:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

ちょっと愚痴らせてください。

義母はとっても働き者。

そして自分以外の家族を常に優先してくれる。

ただね、自分を控えめに行動するのはいいけれど、ちょっとのことで大げさに謝る腰の低さはどうかと思う。

例えば・・・・・



朝、炊飯ジャーを開けると、中のご飯がいつもより少なかった。

『ごめんよ、昨日の晩に炊いとけばよかったんやけど。ほんまにすまんよ。』

あのー、いつもより少ないとはいっても十分足りる量じゃないですか。

それにもし白ご飯がなくても、パンや他のものでも平気なの知ってるでしょう。



義母から預かったお金を持ってスーパーへ行くが、予定外のものまで買ってしまい、お金が足りなくて立て替えた。

『ほんまにごめん!うち、あっぽけやから(=アホだから)、少ししか渡さなんだ。許してや。』

いや、余計なものまで勝手に買い込んだのは私ですから。



廊下で対向した時、即、壁に張り付く義母。

『ごめんごめん。どーぞ先に通って。』

そんな格好してまで道をあけなくても十分すれ違えると思いますが。



トイレの前を通った時、中から大声が。

『今うちが入ってる~!ごめん~!すぐ出るから~。』

ただ通っただけなのに。



・・・・・等々。

謝るようなこと貴方はしてませんよ。そんなに謝らせるようなことばかり私がしてるのですか?私ゃいじめっ子ですかい?

こちらが非難してるわけじゃないのに、そこまで謝られるとどういうわけか辛いです。



気にするほどのことじゃないのかもしれないけど、なぜだか気になるんだからしょうがない。

ある日、試しに私も同じようなことをしてみた。

そしてわかったこと。

あれはやっぱりイヤミだったんですね。
21:43  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

『ありがとう』という言葉

『ありがとう』という言葉。

たとえうわべだけでも、言われると嬉しい言葉。

でも、うわべだけってこと、気付かれてて言うのも複雑です。

敏感な言葉です。
21:40  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

おねえちゃん、おめでとう

常日頃より『子供は一人でじゅうぶん』と言っていた実姉が第2子を懐妊。

姉の話では、『もし次も産むとすれば、年齢的・体力的にもそろそろ限界なのかな』なんて思い、

気を許した途端に出来たんだという。

本人はまさかこんなにすぐ出来ると思っていなかったので、かなり動揺していた。

それでも覚悟を決めたらしい。予定外だったとはいえ、望んで出来た子であることは間違いないのだから。

とにかく、おめでとう!



ちなみに、結婚してから第1子が生まれるまでの年数は、私も姉も同じである。

しかし私は結婚当初から子供を望んでいたが、姉は望んでいなかった。

この年数、姉にはあっという間だったろうが、私にとってはとても長い時間だった。

時間は誰にも平等に流れているというけれど、場合によっては無情なものでもある。



とりあえず目下の悩み事は・・・・・

お下がりのチャイルドシートやらベビーカーやらベビー布団、おもちゃ、服等々。

全部返して、自分で買い直さないといけないんだよね・・・・・。(ー_ー;
21:38  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

ジャージ論争

私ってば気になるサイトをブックマークする習慣がないので、
あとからもう一度見ようと思ってももう見つけられないから困ったものだ。
今回、先日見つけた掲示板の話題について、私のいい加減な記憶を頼りに綴ってみようと思う。


そのスレッドは、たしかダンナ様が浮気をしたとかで悩んでいる奥様がたてたものだった。
ところが、たくさんついたレスの論点はみな、その奥様がジャージをはいていたという点だった。
結婚前は服装も麗しかった奥様が、ジャージをはくようになったことで愛想を尽かされたのではないかと。
まぁダンナ様の浮気とジャージは関係ないという結論に至ったが、
いつしかそのスレッドでは、ジャージの是非で大いに盛り上がるようになった。
ジャージ否定派が
『たとえ家の中だけといえども、ご主人の前ではジャージというだらしない姿を見せてはいけない』と言うと、
ジャージ肯定派が
『誰にも見られることのない家の中くらいは、リラックスできるジャージも許されるべきだ』と返す。
肯定派の『いまやジャージといっても、ブランドもののオシャレなものもたくさんある』には、
『どんなジャージでも、所詮はジャージ。
 ジャージは運動する時に着るものであり、それ以外の時は着るべきではない』と否定派。
『家事・育児に追われている主婦は、ジャージでないと家の仕事はとてもできない』
『突然来客が来たらどうする。それに私はジーンズでもスカートでも立派に家事ができている』
『ジャージをはくと気が緩んでオバサン体型になる。普段着ている服装から人格が滲み出て来るものだ』
等々・・・・・。
いや~熱い戦いだった。


正直言うと、私も家の中ではジャージを愛用している。(?∇?;ゞ
でもだからといってジャージを正当化するつもりはないし、ジャージ着用について意見するつもりもない。
しいて言えば、一緒にいるご家族が不快に思わないのなら、家で何を着ようと構わないんじゃないかと思う。
私としては、TPOさえわきまえていれば他人が何を着ていようと気にはならないけどね。
今のこのご時世、ファッションは何でもありなわけだし。


それにしても、何気なく着ていたこのジャージに、こんな大きな価値観の差があったなんて。
なるほど。勉強になりました~。
しかしこれだけは言っておきたいということがある。
ジャージを運動着だと言って一蹴する人は、ジーンズだって元は炭坑夫の作業着だったことを知っているのだろうか。
そしてジャージを素材としてみるならば、Tシャツだってジャージ素材で出来ているということを。
・・・・・なんて、当の掲示板に直接書き込まず、こんなところでつぶやく小心者な私であった。(?∇?;ゞ
21:36  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

下げろよ!

先日ダンナのお友達(以下Y氏)から出産祝いをいただいた。
Y氏はダンナの友人の中では一番つきあいの深い人である。


実はY氏にはちょっとした思い出がある。
それは私たちの結婚が決まった頃のこと。
ある日ダンナがY氏に電話で結婚を報告した。
するとY氏、こんなことをのたまったそうだ。
「彼女、大阪から和歌山の田舎へ来てくれて、しかも親と同居までしてくれるなんて・・・・・
 ありがたすぎてcolor=#ff0000>頭が下がらんなぁ!


ダンナも一緒になって「ホンマ、下がらんよなぁ」なんて言っていたという。
電話の内容を喜々として私に伝えるまで、間違いにまったく気付かなかったらしい。
・・・・・下げろよな、頭。(○`ε´○)

21:35  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

あの黄色いカードを手に入れて

独身だった時のある日、『臓器提供意思表示カード』を手に入れた私は、
母親にそのカードを見せて「私が脳死状態になったら、臓器を提供してもいいからね」と言った。
そしたら母親はいい顔をしなかった。
死んでなお我が子の身体を切り刻まれ、臓器を取り上げられるのは心苦しいからだという。
普段から娘たちとはサッパリとした付き合い方の母親だっただけに、ちょっと意外な返事だった。


私自身は、死んでからのことなので、臓器をとられても痛くもかゆくもないから平気である。
私の臓器が、心の底から欲する大勢の患者がいるのを知っていてただ燃やされるなんてもったいない。
私なんかの臓器一つで一人の命が助かるのならば、ぜひとも使ってもらいたい。
こんな私でも確実に誰かの役に立てるということが、この上ない誇りに感じるのだ。


ただ・・・・・
もし自分の子が、将来、私のように臓器を提供したいと言ってきたら・・・・・
快諾するだろうか?
それともやはり同意したくない心境になるのだろうか?


子の臓器提供に同意したくないというのが親心ならば、
返答に迷っている私は、今はまだ親としての自覚が乏しいということだろうか。
21:33  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

ある相談と回答

『○○さんとひきかえ私は・・・・・自信が持てません』や、
『つい他人と比べてしまい、惨めな気持ちになってしまいます』
という相談に、
『他人は他人、自分は自分。それでいいじゃないですか』
『他人のことなんか気にせずに、割り切っていればいいんですよ』
などの回答。


とても親切で的確なアドバイスをありがとう。
でも相談者はそんなこと先刻承知なのである。
他人のことばかり気にせずにいられたらどんなに楽か。
割り切る・・・・・それができないから悩んでいるのだ。


どうすれば我が道を突き進んでゆけるような強い意志を得ることが出来るのか。
どうすれば今の自分の状況に満足できるくらい寛容になれるのか。
・・・・・そう、結局はどうすれば自分に自信が持てるのかということ。
相談者にはそういうアドバイスが一番必要なんじゃないだろうか。
21:32  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

甘く見てしまいそうです

平成16年7月15日。
出産という、人生の中でもベスト5以内には入ろうかという一大イベントを経験してきた。
祖母からは「まさかあんたが母親になるなんてなぁ(しみじみ)」と言われ、
私のことをよく知る友人からも「いまだに信じられへん」「ちゃんと育てられるん?」「虐待しなや」などと言われ・・・・・。


いやいや。そんなことはさておき。


前期破水で入院し、あれよあれよという間にお産が進む。
分娩所要時間が約4時間。わかる人にはわかるこの安産ぶり。
私自身「ホントにこれで終わり?いいのこんなので?」と逆に不安になるくらい。
妊娠中に、とある医者から気をつけろとさんざん脅されてたのは一体・・・・・?


産んだ直後、分娩台で子供の泣き声を聞きながら、助産師さんが私に聞く。
「もう一人産みたいですか?」
「欲しいですねぇ」
「普通、出産直後はあまりのつらさに『もういらない』と言う人がほとんどなんだけどねー(にやり)」
・・・・・なんだかなぁ。
なんというか、試されたような気分なんですが。(?-?;ゞ


ともかく、今回の妊娠・出産は、私にとってメリットばかりだった。
つわりで減量に成功。
大きなトラブルもなく楽に出産。
たくさん食べても母乳育児のおかげで(今のところ)体重維持。
次もこんな調子なら、マジでもう一人産んでもいいっすよ。
ええ、甘く見てます、出産。(?∇?;ゞ
21:30  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

結局は自分のためでしょ

環境保全に役立つと認められる商品につけることができるエコマーク。

地球を抱く腕が「e」の文字をかたどっている、よく見かけるアレ。

デザイン的にはよくできているなーと思う。

でもそのマークに添えられた『ちきゅうにやさしい』の文字。

・・・・・なんかヘンだと思うのは私だけ?



地球上の緑が減り、川が干からび、空気中の有害物質が増え、気温が上がる等々の現象。

これを『環境破壊』と感じるのは、今現在地球上で生きている私たちだけでしょう。

今の環境が一番快適に感じるような身体にできてるんだから。

もし地球全体の気候がガラリと変わったとしたら、今度はその環境下でもっともよく繁栄する新しい生物が生まれるだろう。

その新しい生物からみると、今の緑豊かな環境は「過酷な世界だった」と思うだろう。



地上の環境がどのように変化しようとも、地球は地球でいられる。

どんな気候になろうとも、地球はその環境に適した生物を抱えることができる。

現在の環境を維持しようと願っているのは私たちであって、地球が願っていることではない。



『ちきゅうにやさしい』じゃないでしょ。『わたしたちにやさしい』でしょ。

ほかのものを口実にしてはいけませんって!
21:27  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

子は子、親は親

先日の小学生が同級生を刺殺した事件をはじめ、最近は少年・少女による犯罪が目立ってきている。

その被害者と遺族の方々には心から哀悼の意を表したいと思う。



ただ・・・・・私はなぜか加害者となった少年・少女の親の気持ちまで深く考えてしまう。



事件に巻き込まれた被害者の親は、もちろんつらい立場にある。

何も悪くはないのに、最愛の子供を永遠に失った悲しみは、計り知れないものがあるだろう。

しかし加害者の親もまた大変つらい立場である。

保護者としての責任を問われ、でも何も言う権利を与えられず、

この先ずっと非難の目でさいなまれるという生き地獄を耐えていかなければならないのだ。

自分の子供が悪いことをしたのだから、当然の報いともいえるかもしれないけれど・・・・・。



でも子供も一人の人間である。

もう自分で考え、決断し、行動できる人格を持っている。

子供の行動は、親のしつけや教育だけで決められるものではないと思う。

親以外の人・物から得た知識や道徳観念も含めて、考え行動しているのだ。

また、どの加害者の親も、罪を犯すことに肯定するしつけはしていないはず。

誠心誠意すべてを込めて子供と接していても、過ちを犯してしまう子供だっているのだ。



罪を犯したのは、あくまでも子供自身。すべてがその親のせいではない。

だって親は子供の単なる所有主というわけではないのだから。

子供であっても、一人前の人格を備えた人間だということを忘れてはいけない気がする。



未成年者の犯罪の場合、責任の所在はもちろん親にもあると思うが、

だからといって私は、頭ごなしに親ばかり非難する気にはなれない。

これはまだ自分の子を抱いたことがなく、また被害者の立場になったことがない故の

浅はかな感情なのかもしれないけれどね・・・・・。
21:25  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

やめられなくてごめんね

以前から医者に言われていたことだけど、私はどうやら健康な妊婦さんよりもリスクが多い方らしい。

片道45分のマイカー通勤、フルタイム労働という環境に加え、

2月に切迫流産で自宅安静し、その後も続く軽い痛みと、繰り返すお腹の張り、毎回出る尿糖+。

どれも入院や治療を要するほどのものではないが、経過次第ではどうなるかわからないぞと強く脅された。

まあ、自他共に認める心配性な医者の言うことだから・・・・・。



その医者は、お腹の子供のことを本当に大事にしてくれる、厳しいけれどいい医者だ。

その医者と共に里帰りしたいくらい信頼している。

ただその医者、子供のことを大事にするあまり、妊娠初期の頃の私にこう言った。

「あんたはね、仕事をすぐにでも辞めた方がいい。」

私の体質と環境を考えると、仕事を辞めるのが子供のために一番なのだ。

うん。わかる。たぶんそうして家で負担のない程度に過ごすのが普通だと思う。

逆にそうしないと、自分の都合しか考えない悪い母親ということになるのだろう。



だけど今の世の中、女性が結婚して子供を産んでも安心して働き続けられる職場というのはとても貴重な存在だ。

たまたまそんな中にいる私は、とても恵まれていると改めて実感する。(給料はものすごく安いけれど。)

そんな職場を辞めてしまうと、この不況のご時世、同等の待遇をしてくれる職場への再就職はまず不可能だろう。

そして私が専業主婦でいられるほどの余裕はウチにはないのだ。

だから今の仕事は辞めるわけにいかないのだ。



子供のことはもちろん大切だ。

しかし、生活のこともすごく大切な問題なのだ。

まずは生活基盤がしっかりしていないと、自分たちや生まれた子供も健康に育てられないのではないか。

だいたい仕事ってそんな安易に辞めたり就いたりするものでもないと思う。

何故私が仕事を続けているのか、医者にはそのへんの事情をくみ取って欲しかった。

将来の生活に大きく関わってくる事柄だけに、そんな簡単に切り捨てないで欲しかった。



とはいえ、今まで子供に負担がかかっていたのは間違いない。

ごめんよ、苦労をかけたね。でもあと2週間の辛抱だからね。

そしたらずっとお家にいられるから。一緒に頑張っていこうねぇ。



・・・・・おかげで我が子は今順調に育っている。その事実が私の一番の救いである。

21:23  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

上手い感想

疑問1:お世辞にも可愛いとは言えない、明らかに不細工な子供を見せてもらった時はどういう感想を述べるべきか?



それでも「可愛いね~」と言ってあげるのが普通に正解と思われる。

あとは顔のパーツを指して「ここは父親(母親)にそっくりね」と着眼点をずらしてみるとか。

私の母によると、「利発そうな子ね~」と言うのもひとつの方法らしい。

ていうか、幼い頃は「賢そうね」と言われ続けていた私・・・・・。母よ、それは実体験から得た知識だね?(笑)



幼くても、自分が可愛くないことは自覚していた。それでも賢そうという言葉には素直に喜んでいたものだ。

しかし中学生になった頃、今は亡き祖父から「可愛くなって、ホンマよかったな~」と言われた時、

私は素直に喜ぶようなバカ正直な子供ではなかった。

「可愛くなったね」ではない。

「可愛くなって、よかったね」なのだ。


・・・・・つまり以前は哀れに思うくらい良くなかったということか。(?-?;ゞ

(誤解のないように断っておくが、中学生の頃の私も決して可愛い方ではない。)





疑問2:知人の子供の名前が突拍子もないものだった時、その名前を聞いたらどういう感想を述べるべきか?



今時の子供の名前って、モロ当て字(それも「夜露死苦」的な)だとか、

どちらの国のお方?みたいな読み方だとか、馴染みのないフレーズだとか色々ある。

いや普通に「かわいい名前」とか「かっこいい」と言えば、たいていは済むんだろうけど。

ただ個人的に、私はみょうちくりんな名前はなるべくつけたくないと思う方だから。



以前、私が同僚の子供(女)の名前を聞いてどうにも言葉に詰まった時、

思わず「宝塚歌劇の人の名前みたいでいいね~」と言ってしまった。

(宝塚のオネエサマ方ごめんなさい。決してそんなつもりでは・・・;;)

ところが相手の人は喜んでくれたので驚いた。今まで変わった名前だと言われて続けていたそうだ。

・・・・・コレもしかして使えるのかも!?(?ー?*)にや~り





ふふふ。私の子供のこと、みんな何て言うんだろうな~。
21:20  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

こんなところで男女差別?

今まで私の身の回りでは、あからさまな男女差別というものを感じることがほとんどなかった気がする。

学校教育でも人権問題としてよく取り上げられていたし、幸い職場も完全男女平等の待遇である。

家庭においても、実家ではどちらかというと「かかあ天下」ぎみな両親で、

現在の私たち夫婦の間にも亭主関白という雰囲気は存在しない。(ていうか存在させない。笑)

ああ、なんと恵まれた環境。



数年前のことだが、通勤のため自分用の車を購入することになった。

それぞれの販売店を回り、話を聞いているうち、あることに気付いた。

セールスマンは皆ダンナを相手に話をしているのだ。

買うのは私なのに。独身の頃から貯金していた自分のお金を使って買うのに。

・・・・・いやでもたしかに車などの高額の買い物をする場合、当然ご主人の了承が必要だ。

最終的にはご主人と売買交渉するものなのだ。それはわかる。

でもさ、室内装備だとか燃費とかオプションとかの車の機能についても、

実際に乗る私が質問しているのに、奴らはダンナに向かって答えていた。

体の向きからして、完全に私から背けていた。

まだ契約する前の段階だよ、これ。



先日、ETC車載機を購入し、その店で取り付けもお願いしてみた。

取り付け費用を問うと、車載機のセットアップ作業と車への取り付け工賃で合計6千円以上かかるという。

最近出費がかさんでいるので、ここは節約のため、自分で取り付けることを考えてみた。

で、お店の人に取り付け方の説明をたずねると、意外に簡単に出来ますよとの答え。

しかしその人はすぐに、ダンナを呼んできてほしいと言う。

ご主人なら無理なく出来るでしょうから、ということらしい。

・・・・・ちょっと待て。女の私には出来ないと決めつけているのかい?

悪いけど私、女だけど機械音痴じゃあないぞ。

昔オーディオコンポを買って業者に設置してもらった時、配線の間違いに気付いて後で全部私が直したんだぞ。

ビデオデッキやCSチューナーだって自分でコード接続したし、パソコンもADSLも全て自力で繋いだんだ。

ETC車載機だって自分で設置できる自信あるぞ!!

・・・・・などと心の中で叫ぶだけで、実際には強気で言えない小心者な私。(?∇?;ゞ

言われたとおりダンナを呼ぶ。機械音痴なダンナは「そっちでやってください」と答えていた。



ああ、こんなところで男女差別があるのね。



昨日買ったDVDレコーダー、私が取り付けてやろうじゃないの。

もちろん業者の人なんかには頼まないわよ!ええ、やって見せてやる!!

・・・・・あ、やっても誰にも見せられないのか。(?∇?;ゞ
21:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

おかたづけ~

家事嫌いといっても、料理を除けばあとはそこそこ。(本当ですとも。・・・何か?)

自分で言うのも何だけど、整理整頓には自信あるよ。(*?ー?*)v

でも部屋はいつも散らかっている。

・・・・・なかなかやる気にならないだけヨッ。片付けたい気持ちは常にあるんだってば。



義母はいつも家の中を綺麗に片付けてくれる。

でもよ~く見ると、押入の中とか、物置とか、けっこう無駄が多い。

もっと効率よくなおせば今以上に入るのでは?と思っても、もちろん言わないけどね。

私はよそのおうちの押入とかを見たことなかったから、この状況を見て、

自分の整理術がなかなかのものだったんだと初めて実感した。

そういや実母から「片付けるのは上手いね」と言われたこともあったような・・・・・。

あの言葉は、おだてて片付けさせようという母の戦術だと思ってたからなぁ。(?∇?;ゞ



私の姉は、ぶっちゃけ片付けるのが嫌いで、しかも上手くなかった。

彼女の部屋は足の踏み場もないほどだったことを今でも覚えている。

急な来客などで片付けざるを得なくなると、荷物を全部私の部屋に押し込みやがる。

結婚して新しい家庭を築いた彼女だが、やはりその家の中もごった返しているそうだ。(母親談)

スーパーへ行くだけでもバッチリ化粧をし、身なりを綺麗に整えてスマートな女性を装っている姉。

家の中とのギャップは、それはそれはものすごいんでしょう。(?m?*)プッ



私が来客などで片付けざるを得なくなった場合、もちろん隣の部屋に押し込むなんてことはしませんわよ。

ひとつずつ所定の場所に収めていかないと気が済まないので。

だけどあまりに散らかしすぎてると、その作業の膨大さにうんざりしてしまうこともよくある。

だから普段から来客は固くお断りしているのだ。(おい!)



そんな私に、姉は問う。

「『これが私なんだ』って、開き直れば?あんたが服装にこだわらないみたいに(←コレは余計だっつーの)。

あまり気を張る必要ないのでは?」

・・・・・もはや姉は散らかったまま客を迎えることにしたようだ。



でもそんな姉に私は言ってやりたい。

「例えばスーパーに行く時にさ、着たい服が洗濯中で、気に入らない組み合わせの服で行かなきゃならないとしよう。

そんな身なりで知人に会ってしまった時、『これが普段の私の服よ』って言える?」



人には、他人に見せる上でのこだわりがそれぞれ違っていて、

姉はファッション、私は家の中なんだってことだよ。
21:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

子供でも飲んでよかったんですか。

私の母親は、栄養ドリンクを1日に3本飲んだりする。

身体が欲するまま食物を胃に入れていく人なのだ。

リポ○タンDの「1日1本を目安に」という注意書きに気づいても、気づかないフリをする人なのだ。



私の父親は、栄養ドリンク1本を1日3回に分けて飲む。

高級なお菓子や贅沢な食品は、ちびちびと末永く味わう人なのだ。(貧乏性?)

ジュースに比べると高いもんね、リポ○タンDは。



おそらく両者とも、1日に3回味わいたいという気持ちは同じなのだろう。



ところで、私は子供の頃、栄養ドリンクやスポーツドリンク類は一切飲まなかった。

自販機で友人がポカ○スエットを勧めてきても、かたくなに断っていた。

なぜなら、栄養ドリンクの説明に「肉体疲労時の栄養補給に」と書いてあるからだ。

遊んでばかりだった私の肉体が疲労しているハズがない。

疲れてもいないのにそんなモノ飲んじゃ、ヘンな副作用が出てしまいそうで。

一種の薬だと思っていたようです、私。

同じような理由で、スポーツドリンクも、スポーツをしている時に飲まないと

まったく意味がないと思い込んでました。



余談だが、私のダンナは、ちょっと動いただけなのに栄養ドリンクを安易に飲む。

ダンナ曰く、「だって疲れてるもん。」

・・・・・いやたしかに疲れた時に飲むものだけれども。

でもあなたのは疲れてるんじゃなく、単に運動不足で息が上がってるだけだと思うんだけどね・・・・・。
21:12  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

音痴

数ヶ月後に出産を控え、ある人からこんなことを言われた。

「絵本の読み聞かせとか、子守歌とか歌ってあげなよ。」

マジで子供のために良いらしい。



・・・・・・。うーむ、困った。(?-?;ゞ

なにせ私はどうしようもない音痴だからね。

どんな簡単なメロディーでも、必ず音程を外してしまう。自分でもそれはわかっているのだ。

そのため人前はおろか、たとえ一人でいる時でさえも、

自分は歌を歌ってはいけない人間なんだという気までしてしまい、歌を口ずさむ機会もほとんどなかった。



ちなみに私の姉は音痴ではない。母は楽器をたしなみ、声楽を習ったこともあるそうだ。

そんな母は幼い私に「みほちゃんは音痴やなぁ」と、キッパリ言い放ったのだ。

我が子に対しても決してお世辞は言わない、ある意味厳しく、ある意味無神経な母親。

その言葉、ものすごーく傷ついてたの、知ってた?



しかしもっとショックな言葉が続けて発せられた。

「やっぱりお父さんに子守歌聴かせられてたからかなぁ?」

・・・・・え?そうなの??

私の父は耳に若干障害があるため、それはそれはひどい音痴なのだ。

音痴な人から歌を教えられたら、音痴になるんだぁ!

妙に納得すると同時に、その後ずっと父のことを恨んでいた。



大人になってから、音痴に関する知識を得た。

そしてどうやら私は「運動性失音症」だということがわかった。

これは耳に入ってくる音は理解できるけれど、その音を正確に再現できないという類の音痴らしい。

(逆に音の聞き取り自体が難しいという音痴を「感覚性失音症」というらしい。)

要するに私の音痴は、歌う機会が少ないために声帯が十分に鍛えられていないだけで、練習すれば治るそうだ。



なんだぁ、父親の子守歌は関係なかったんだ~(*´∇`*)



・・・・・ただ気になる一文も目に入った。

音痴になる原因。それは先天的なものと、後天的なもの。

後天的なもので、特に家族が音痴であると、その子も音痴になる可能性が大きい、と・・・・・。



なんだぁ、やっぱり父親のせいなんじゃん~(*`ヘ´*)



子守歌は子供のために良いというが、逆に私は我が子に子守歌を歌ってはいけないということか。

その方が子供のためなのだ。間違いない。(←長井秀和風に)
21:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

トイレ用芳香剤?

まだ姉もお嫁に行く前、家族4人でわいわいやっていた頃の実家にて。



ある日、父が会社の同僚から、海外旅行のお土産をいただいてきた。

25cm×10cmくらいの箱。厚みはそんなにない。

家族みんな興味津々で包み紙をあけた。



箱の中には、小さくて可愛らしい小瓶が5つあり、それぞれ黄金色の液体が入っている。

まるで香水。いやどう見ても香水。



それでも念のため、これは何なのか、説明書きを見てみることにした。

箱の外や内側を見るが、書いてある文字はすべて外国語。それも英語ではないどこかの国の言葉。

・・・まったく読めん。

でも小瓶に貼ってあるシールに、かろうじて読めそうな単語を発見。



・・・・・TOILETTE



これを見た我々は、口を揃えてこう言った。

「なにこれ、トイレ用って書いてあるやん!」

すぐに箱は閉じられ、そのままどこかの押入に。(?∇?;ゞ



もちろん皆さんはすぐにお気付きのことと思うが、これはトイレ用芳香剤ではない。

「EAU DE TOILETTE」→オードトワレ。

そう、間違いなく香水だったのだ・・・。
21:06  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

女心をわかってないわね。

数年前のお話。

ある所用で、ダンナと車で一時間ほどの場所へ行くことになった。

その途中、最近開店したというカー用品店へついでに寄ることになっていた。



家を出発して30分ほどたった頃、ダンナがもよおしてきたらしい。

カー用品店に着いたら、真っ先にトイレに行くと言う。

おそらく広いであろう店内・・・私も一緒にトイレを探してあげよう。(*?ー?*)

切羽詰まってる時の気持ちは、私もよくわかるからね。



店に着き、いざ店内へ。

トイレは、意外とすぐ見つかった。入り口のすぐ脇にあったからだ。

あとから来ていたダンナの方を振り返って、こっちだよと教えてあげようと思ったが、ダンナ自身でもう見つけたらしい。

目線でわかる。

安心して、私はさっさと目当てのコーナーに行こうとした。



・・・が!!



あろうことか、ダンナが大きな声で私を呼ぶ!

「お~い、みほりぃ!!トイレこっちにあったでぇ~~!!」

しかも手まで振り上げて。

周りの客が一斉に私の方を見た。

違う、私じゃない。トイレを探してるのは私じゃないぞぅ!!



・・・ダンナよ・・・そういうのを『デリカシーがない』というのよ。わかった?
21:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/28(Wed)

初めまして!

去年の夏頃から自分のHPを作ろうと思い立って、もう半年以上・・・。

初めのうちこそタグ打ちを勉強して、オール手打ちのHPも作りかけてたんだけど、

それもやっぱり限界があるね。

結局ビルダーを導入したら、ものすごい時間の短縮になった。

初めっからこれで作っとけばよかった。(?∇?;ゞ



ビルダーを使っても、いろいろあって完成するまで結構時間かかったんだけど、

なんとか今日、公開することができた。

実はこの日は私の結婚記念日でもあったり。(それが何)



どうでもいいことだけど、結婚記念日って、結婚式を挙げた日と入籍した日、どっちになるんだろう?

個人的には入籍日かな、と。

だって結婚しても式を挙げてない人たくさんおられるし、

入籍日だったら、戸籍で公的に証明されてる訳だしね。

ま、これは私の勝手な考えで、ホントはどっちでもいいのかも。



そんな話はさておき。

かな~り時間をかけて出来たこのHP。

今後の更新にかなりの不安が・・・。

だってさ、公開した時点ですでに達成感を得てしまって。

・・・もう燃え尽きましたヮ。(?∇?;ゞ
20:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/25(Sun)

帰省終了

木曜日の夜中に大阪の実家へと旅立っていましたが、
本日午前中にそそくさと自宅へ戻って参りました。



今日ギリギリまで大阪にいたかった………

でも出来なかった………

何故って?よくぞ聞いてくれました。

チビが……チビが発熱したからさ……(*TдT*)



7月中旬の発熱以来、快調記録を2ヶ月も更新していたチビでしたが、
とうとうダウンしました。





土曜日の午後から、風邪が治ったばかりという姪っ子・甥っ子と共に過ごしておりました。
しかも姪っ子は咳が完全におさまっていないらしく、マスク着用しておりました。
そう。チビの風邪はこやつらにうつされたと言ったとしても
誰も疑うものはいないでしょう。



しかし正直言うと、チビは風邪をうつされたんじゃない気がします。
実は帰省する日の朝からすでに鼻水が出ていましたから。
たぶんその時から風邪ひいていたんでしょう。



チビに風邪をうつしたと、姉はずいぶん申し訳なさそうにしていました。
それに対し、私もダンナも否定しませんでした。
でもごめんよ。こういう訳で、姪甥に罪はないってことは
私もダンナも知ってたんだけどね。(おい)
まあそういうことにさせておいてください。(こらこら(?∇?;ゞ)
23:54  |  旧ブログより  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/25(Sun)

改造むずかしい…

実家から戻ってきて、またブログのカスタマイズに四苦八苦しているのですが、
一向に思うようなカタチになりませぬ。
いまだデフォルト仕様のまま………うぬ~(ー"ー;)

HTMLの勉強し直さないと、先へは進めそうにないですね。( ̄^ ̄;ゞ
23:10  |  日常  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/22(Thu)

ただ今帰省途中(携帯更新)

明日から連休?

いやいや、連休はもう始まっているのです。今夜からなんです。



というわけで、現在午後11時、実家に向かって爆走中です。(笑)

この連休中は実家に滞在しています。


今回はどの友人とも会う約束が取れなかったのが残念です。

まあいいや。こっちでいろいろお店を廻って、
久しぶりに自分のものの買い物にでも興じてみようかな。(^-^)




-----以下私信-----

みーたま様。昨日の記事へコメントありがとうございます!
出発する前に読ませてもらったのですが、
時間がなかったので、お返事できませんでした。ごめんなさい。
また連休明けにみーたまさんのところに遊びに行きますね!
23:08  |  旧ブログより  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/21(Wed)

行動開始

ここ数日、このブログの不調は目に余るものがありますね。
3夜ともエラーで記事作成できませんでした。
アクセスが集中する時間帯に閲覧・記事投稿しようとしたのが
いけなかったのかもしれませんけど。


ここのブログの不調は今に始まったことじゃありません。
ですがその度に私は
『記事が全部消えちゃったわけでもないし、時間帯が問題なわけで、
一時的に記事投稿できないだけなら、十分我慢できる』と思うだけでした。

でもちゃんと考えればわかることなのですが・・・・・
私 だけ が不便だった訳じゃないんですよね。

『どうせ私のブログなんて注目してる人いないから』と
勝手に自分のブログを自分でおとしめていました。
実際は少ないながらも、私のブログを定期的に見に来てくれる方がいらっしゃるのにね。

わざわざ見に来てくれた方たちに不便な思いをさせたまま数ヶ月も・・・・・
本当にごめんなさいでした。



さてそういうわけで、私も重い腰をようやく上げました。
ただ今、別ブログを準備中です。
体裁が整い次第(連休明け頃?)、こちらとリンクを張り替えます。
もうしばらくお待ちくださいませ。
23:47  |  旧ブログより  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/20(Tue)

お引っ越し

新しいブログを始めてみました。

今はブログサイトが星の数ほどあるんですね。
どこのがいいのか、ひとつひとつ調べる気も失せてしまって、
とりあえず、どのブログ比較サイトからもまずまずの評価だった
ココに決めました。



こちらのブログではテンプレートのカスタマイズが自由自在ということで、
さっそく改造に挑戦しましたが・・・・・


む、難しい( ̄∇ ̄;ゞ


自由度が高いってのは、すっごく迷うんですよね~σ( ̄∇ ̄;)


実は本家HP、当初はHTMLオール手打ちで完成させるつもりだったので、
数ヶ月かけてHTMLタグやスタイルシートを勉強したこともあるんですが、
あまりの難しさ・面倒さに途中で断念したんですよね。( ̄∇ ̄;ゞ
基本的なタグしかわからない私には
思い通りのカスタマイズは手強いです。

時間をかけてちょっとずつ手を加えていって、
納得できるブログの形にしていこうと思います。
23:12  |  日常  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/16(Fri)

大物疑惑

秋になりました。
汗だくで目覚めていた昨日までとは違い、今日は涼しい朝でした。

うん。気分爽快。

清々しい朝を迎えて、気持ちもすっきりしてるはずなのに、
体中が痛むのは何故・・・・・?

風邪?
いいえ。熱はありません。発熱の時の痛みとは全然違います。
この痛みは・・・・・ああそうだ、筋肉痛。(?∇?;ゞ



  14日の研修では久しぶりのスーツに身を包み、ヒールの高い靴を履いていきました。
  こういうカチッとした服を着ると、自然に身も心も引き締まります。
  たぶんスーツを着ただけで緊張したんでしょう。
  無意識のうちに全身に力を入れながら話を聞いていました。



全身筋肉痛はこのせいか・・・・・!!

なんと情けないことよ。ついでにいうなら靴ずれにもなりかけているし。(?∇?;ゞ



あぁそれから。
前日に研修で使う一番大事な書類一式をゴッソリ置き忘れてきた事件は
職場中に知れ渡っておりました。
やる気のなさがモロバレで、うっかり者というイメージで定着だろうと私は考えていましたが、
今日聞いたところによると、
『大胆不敵な行動はまさに大物と噂されていたようです。

歴史に残るお笑い事件として後々まで語り継がれるよと言われました。?(?□?;)そんなぁ~



今回の出張、いいところないじゃん。(?~?;ゞ
(でも全部自業自得;)
23:44  |  旧ブログより  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/14(Wed)

世にも微妙な夕ご飯

8月20日に、友人から教わった手羽元のポン酢煮込みを作りましたが、
私の腕が未熟なため、さんざんな料理が出来上がりました。【詳細はこちら】

そこで今回はリベンジ!手羽元のポン酢煮込みです(笑)

05-09-16_23-41.jpg

左の皿に写ってるソレがそうなんですが、
どうです、辛すぎた前回のものと色が全然違うでしょう。
食べてみたら、うん、なかなかのお味でした。v(*?∇?*)v

味付けはホントにポン酢だけというこの料理、
これだけ美味しく作れれば、価値アリですね♪満足満足♪




さてチビのご飯は・・・・・

えーと・・・・・ちゃんと作ったんですが・・・・・

10.png


・・・・・ちょっと時間がなかったもので・・・・・。

実はこの日、午後から出張(研修)の予定が入ってまして、
会場まで車で1時間以上かけて移動しなければいけなかったんです。
大人用のご飯もチビ用のも午前中に作っていたら、出かける時間になっちゃいました。


頑張って作ったんですけどね。具だくさんのおみそ汁。


えー、まぁ結果を言うと、チビの気に入るものじゃなかったみたいですけどね。
おみそ汁よりふりかけご飯ばかり食べていたらしいです。orz


でも翌朝に同じものを出したらちゃんと食べてくれました。

・・・・・夕食時に食べなかったのは何故だったんでしょう?(?∇?;ゞ



微妙度・・・★☆☆☆☆
23:59  |  旧ブログより  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/13(Tue)

うっかり者の忘れもの

明日は某所で業務知識の研修があります。
職場代表として私が参加してきます。


ただ今回の研修は、滅多に扱わない特殊な事務のことなので、
うちの職場ではあまり重要視されてない傾向があります。
(興味深い内容ではないから私が選ばれた?orz)


まぁそんな感じなので、私もイマイチ緊張感がありません。
持参する書類も今日になってやっと揃え始めるありさま。


気合いが入っていないせいか、

研修に使う大事な書類一式を全部職場に忘れてきました。


氏名札まで置いてきました。




・・・・・明日どーするつもりだよ私。
手ぶらで(それも名無しで)参加する度胸はないぞ。(?∇?;ゞ





研修会場とは正反対なんだけど、明日は職場に寄ってから行くしかないな・・・・・

とか考えていると、とある上司が私の机の上の忘れ物に気付き、
仕事帰りに私の自宅に寄って届けてくれました。



本当にありがとうございました、上司。
うっかり者の私のために手間をおかけして、誠に申し訳ございません。

ああ、でも。
照れ隠しにヘコヘコしていた私に向かってボソッとつぶやいた

     「うっ○り八兵衛」

この名前は決して忘れないでしょう。




新しいあだ名がまたひとつ増えるかもです。○|?|_
23:33  |  旧ブログより  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/11(Sun)

選挙の日

今日はいつになく注目された選挙の日でした。
私たち家族も投票に行きましたよ。
今回は我が家でも選挙の話題ばかりでした。



私たちの地区の投票所は、私の家から歩いて2~3分のところにあるので、
チビを義父義母に預けて、夫婦でさっさと行ってきました。

途中、近所のおばさんにお会いした時、
おばさんが私たちを見て一言。


「ま~、アベックやん~。
チビちゃんも預けて、恋人同士みたいな気分やね~♪」




思いっきりからかわれました。orz
アベックって死語、というツッコミもとっさに思いつきませんでした。




ていうかコラ。そこで嬉しそうにしてるんじゃないダンナ。
キミがそういうふうにヘラヘラしとるから、おばさんに冷やかされるんじゃないか。(?^?;ゞ
23:12  |  旧ブログより  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/11(Sun)

世にも微妙な夕ご飯

今日のチビのランチは焼きうどんです!

05-09-11_08-24.jpg

うどんといえば、いつもかけうどん じゃぁさすがに悪いかなと思って、
ない知恵を絞って考案したうどんのアレンジメニューです。
・・・・・別にえらそうに言えるメニューでもないですが。(?∇?;ゞ

味付けは、焼きそば麺を買った時についていた焼きそばソースを使ったので、
調味に失敗はナシ!
味見・試食でも正常調理確認済!
さあチビお食べ!!



チビは嫌がらずに食べてくれました。



4口だけ。 あら?(゜∇゜;)



チビの眠気が限界まで来ていたようです。

5口目は口に入れたまま寝てしまいました。




・・・・・ふ、いいさ。眠くなければ喜んで食べたはず、と信じて・・・・・。






今日の夕食は、回転寿司屋でテイクアウトしたお寿司でした。
(昨日に引き続き料理しない嫁;)

お刺身が好きではなく、酢飯も苦手という私には嬉しくも何ともないお寿司です。
だから3皿分も食べればお腹いっぱい。
でも不思議なもので、お店に食べに行くと食欲が刺激されて5皿くらい食べてます。


チビのお寿司も買ってきてくれました。
いなり寿司が2個と厚焼き卵。
これにお昼の残り(焼きうどん)を出しました。

チビはいなり寿司と厚焼き卵がいたくお気に入りのようでした。
私の前で珍しくくれくれモード。
私と違って酢飯がスキなのね・・・・・。

チビは一心不乱にお寿司を平らげた後、
満腹になったのか遊びモードに突入しました。
遊びモードのチビに焼きうどんは一切受け付けてくれませんでした。



・・・・・ふ、いいさ。寿司さえなければうどんの方を食べたはず、と信じて・・・・・。



なんつーか、タイミング悪すぎの日でした。(?∇?;ゞ



微妙度・・・★☆☆☆☆
22:43  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/10(Sat)

自粛中

よいとは言えない精神状態の時に愚痴を書き込む行為は
十分気をつけなければいけない、と
先日、身をもって学習したばかりです。

おかげで更新とどこおってしまいまいたが、
私にはまだ冷静さを失っていなかったとわかり、少し安心しました。


いえ、また先日のように派手にやり合った訳じゃないんです。
ただひとつ言えるのは、
例の大喧嘩の時に、主張しきれなかったことや、うまく言い返せなかったことが、
今ごろになって悔やまれてきて、一人で悶々としていたところです。(?∇?;ゞ

この鈍さがまた自己嫌悪の一因に・・・・・(以下自粛)


自宅内にはどうすることもできない状況が続いている毎日ですが、
こんな私に心配は無用です。
そろそろこんな精神状態にも嫌気がさして、自ら逃避行動に移る頃です。
思考を停止してネットにハマりに行きます。

その証拠にほら、今ブログ書いてますから。(笑)

すみません、絵日記の方も2~3日以内には更新しようと思ってます。
なまけんぼうで申し訳ないです。(?∇?;ゞ
22:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/10(Sat)

世にも微妙な夕ご飯

えー、本日の夕ご飯は肉じゃがです。

05-09-10_16-59.jpg

肉じゃがの他には、めかぶ、太刀魚のせごし(漢字不明)という料理です。


太刀魚のせごしは酢を使ってるので、酸っぱいものが苦手な私は食べられません。
当然私が作ったんじゃありません。義母です。


ついでに言うなら、肉じゃがも私が作ったんじゃなく、ダンナです。


チビのご飯もこの肉じゃがを取り分けて済ませたので、
今日は私、料理してませ~んのよ~♪おほほほ。
久しぶりにお昼寝しちゃいました(*?∇?*)ZZZ



そうそう、肉じゃがの味ですが。
30分しか煮込んでないという割に、すごーく味が染みこんでいて、
そしてすごーーーく濃かったです。
もちろんそんなことダンナにハッキリ言えませんでしたけどね。(?∇?;ゞ
ていうか私も人のこと言えんし。(笑)



(ダンナの料理の)微妙度・・・★★☆☆☆
21:24  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/06(Tue)

ホントにただのひとりごと

どうやらまたお絵かきスランプになったようです。
絵日記すら構想が湧いてきません。(と、ここで言い訳;)


なのに次々とお絵かき贈呈の約束をしてしまった自分がニクい・・・・・(?∇?;ゞ
またしても人様を延々とお待たせしてしまうのか・・・・・!!


でも今夜は少しばかり意欲が出てきた気配。
気のせいかもしれないけど。

・・・・・これからちょっと頑張ってみよ。
22:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/06(Tue)

行動力のない自分

相変わらずここのブログはエラー頻発です。
一足先によそのブログに引っ越しされたMさん、あなたの選択は正しかったと思います。(笑)


でもそこまでわかっていながら、なんで私はここに留まっているんでしょうね。
ブログを引っ越そうと思いながら、引っ越せないでいる。
別にここじゃないとダメって訳でもないんですが。
自分の行動力のなさに、我ながら呆れてしまいます。


まぁ原因はわかってるんですけどね。
直接的なことではないのですが・・・・・自分に自信がないことがそもそもの原因です。
若い頃はコンプレックスの塊で、臆病で、
また環境の変化に対して異常なほどの不安を感じる性格でした。
これでも結婚を機にずいぶんマシになったんですが、
今まだこういう小さなことにも影響しているようです。



自分に自信を持ちたい。こんな自分を変えたい。大胆さが欲しい。



今も変わらない私の願いです。
00:18  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/05(Mon)

世にも微妙な夕ご飯

今日のチビの夕飯はチキンライスです。

05-09-04_14-26.jpg

ちなみに大人用の夕飯もおんなじメニューでございます。
メニューを考える手間が省けてご満悦です。(笑)


今夜のチビは、このお皿の3分の1ほど食べました。
まぁこのお皿には2食分くらい盛りつけてあるから、そんだけ食べりゃ十分かも?



もうチビが食べてくれなくても、さほどショックは受けなくなりました。
覚悟が出来たというか・・・・・(?∇?;ゞ

しかしこれはヤバい状態ですよ。
開き直ってしまったら、もう頑張って美味しく作ろうという意欲がなくなります。


この危機的状況をを回避するのにもっとも効果的なのは・・・・・


チビ!頼むから美味しそうにいっぱい食べておくれよぅ!!
               (↑どうしようもない悪循環)



微妙度・・・★★★★☆
00:42  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/05(Mon)

世にも微妙な夕ご飯

本日はサンマが特売だったので、夕飯のメインにしてみました。

05-09-05_00-381.jpg


お皿に入りきらないので、2つに切って焼きました。右のお皿は冷や奴です。



05-09-03_11-45.jpg
うちのガスコンロについているグリルの使い勝手が悪く、お掃除も大変なので、
私が魚を焼く時はフライパンを使います。
    ⇒⇒⇒
こんな感じでフライパンにクッキングシートを敷いて焼けば、
鍋に焦げ付くこともなく洗うのがすごくラクチンなので重宝してます。
私の祖母から教わった技です。

でもクッキングシートの外箱にこういう使い方の例が載っていないので、
あまり一般的でない方法なんでしょうか。
オススメなのになぁ。




チビの夕飯は、またお好み焼きにしました。

05-09-03_16-36.jpg
最近はチビの食事を作る意欲がまったくないです。
一生懸命作ってもどうせ食べてくれないことがほとんどなので、
もう作るのが怖いっていうか、イヤです。


目新しい料理に失敗して食べてくれないぐらいなら、
前に喜んで食べてくれたものを作りたくなるのは自然なこと。
つーわけで、メニューがワンパターンです。(?∇?;ゞ




しかし、このやる気なさが料理にも反映されるんでしょうか。
一番の得意料理なはずのお好み焼きでしたが、
チビ半分まで食べてごちそうさまされました。


まぁ粉もんはお腹が膨れるし、半分ほど食べたならなんとかもつでしょ。
・・・・・食事の後まで投げやりですまんよ、チビ。(?∇?;ゞ



微妙度・・・★★★☆☆
00:42  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2005.09/03(Sat)

ただの寂しんぼう

一昨日の記事を書いた後に思いついたことですが。
私の記事が検索サイトに引っかかると申し訳ないから、タイトルをうやむやに・・・・・
なんて遠回りな事せずとも、

記事中の固有名詞を伏せ字にすればいいだけの話でしたね。


伏せ字はけっこう気にして使うようにしていたんですが、
ノー○ンには忘れてました。(?∇?;ゞ



このように自らネット界との隔絶を図っている私ですが、
時々アクセスアップ指南サイトを覗いてみたり、と
かなり矛盾な行動をとっています。





理由は簡単。





サイトの管理人として自信ないくせに、寂しがりやなだけです。○|?|_
00:20  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。