09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2005.04/27(Wed)

歯が・・・!!

チビの熱は、昨日の朝にはすっかり下がり、
あまりに元気だったので、保育園に行かせても大丈夫かと思われるほどでしたが、
高熱の直後なので、さすがに休ませました。
というわけで昨日は自分も仕事を休みました。
今日になっても熱は上がらず元気だったので、保育園に行かせました。
すごく咳き込んでるんですが。
見切り発車です。(?∇?;ゞ
ごめん・・・・・ママは今日こそお仕事に行きたかったのよ。


――――――――――――――――――――――――――――――


以下チビとは関係ない話ですが。


私には10年近く前から、口の中の左上一番奥に親知らずが生えています。
ややずれて妙なところから生えてきたその歯は、歯ブラシの届かない場所にあります。
5~6年くらい前からでしょうか、その歯のあたりがうずくようになりました。
が、知らないうちに疼痛がおさまっているのです。
そういうことを繰り返した現在、また痛み出しました。

昨日、何気にうがいしたところ、親知らずのあたりに違和感を感じました。
そして何かが外れて、舌の上に転がってきました

!!(°∇°;) えっ!?
も、も、もしかして・・・これは!!

おそるおそる口の中のものを吐き出すと、それはどう見てもでした。
茶色く変色したその歯をよく観察すると、一部は鋭利な断面になっていました。
もしやと思って親知らずの部分を触ってみると、根っこがまだ歯茎に残っているようでした。

仕方なく近所の歯医者に予約を入れ、午後の診察へ行ってきました。
私の診察の番になり、先生に事情を説明して、取れた歯も見せました。
先生は私の歯のレントゲンを見ながら丁寧に説明してくれました。



     ―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

先生:「あなたのこの歯は、いわゆる親知らずですね」

私:「はい。(わかってますって)」

先生:「なぜこの歯が折れたか、ですが、
    あの、その・・・・・く、くさ・・・」


私:「腐ってるんですよね、その歯。あまりにも汚いので私でも見てわかりました」

先生:「そうです。はは・・・(?∇?;ゞ
    で、残った根本も腐ってますので、放っておいたら隣の歯まで広がってしまいますが、
    どうしますか?抜きますか?


私:「どうしますかって・・・それ、抜くしかないんじゃないですか。選ぶ余地ないですよね」

先生:「そうですね。抜きましょう。
    でもね、根本が埋もれているこんな状態になっていると私の方では抜けませんので、
    口腔外科のある大きな病院を紹介しますから、そちらで抜いてもらってください」


私:「?(?□?;)!! そ、そんなにひどいんですか!
   大きい病院で抜くってことは、手術するとかそういうことですか?」


先生:「いやいや、大丈夫ですよ。うちより上手に抜いてくれる先生がいるってだけです。
    手術じゃなく普通に抜いて、その日のうちに帰れますよ!」


     ―・―・―・―・―・―・―・―・―・―



後から家族に聞いたんですが、この歯医者、
ちょっとでも手のかかる患者はすぐによそに紹介する未熟な先生だということでした。


・・・・・知ってたんなら、行く前に言ってよお義母さん!
23:37  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://namakennbou.blog25.fc2.com/tb.php/692-6475258a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。